興味や才能をのばしてあげたい

こどもの興味と習い事

まわりのお友達の影響やまわりの環境、テレビなどの媒体からもこどもが興味をしめす習い事がわかる場合もあるでしょう。
こどもが何かに興味を示したら、それはとても良いサイン。
習い事で大切なのは、こどもが習いたい事をさせてあげること。
できる限りサポートしてあげられるよう、ぜひリサーチをしてみてください。
また、まだこどもが何に興味があるかいまいちわからない、という場合もあるかと思います。
そういった場合に役に立つのが、体験レッスンやおためしコース。
はじめてのこども用に、一回レッスンの時間などを設けている習い事も多くありますが、上手に活用できていますか?
そして、普段の生活の中でも、こどもが色々なものを見て感じ、世界を広げていけるように、無理のない程度にサポートしてあげてください。

こどもの才能を伸ばしてあげたい親心

習い事に対する大人の意見としてよくあるのが、こどもの才能を伸ばしてあげたい!というもの。
誰もが親心として持っている気持ちだとは思いますが、なかなかそれを親目線ではなく、第三者的な視点で考えるのは難しいですよね。
そもそも才能があるかどうかは、何かを始める前や、始めてすぐにわかるものではありません。
良く言われるように、「努力に勝る天才なし」ということも忘れずに。
とくにスポーツやピアノなど、上手かどうかが問われる習い事では、うちの子は才能があるとかあの子には負けさせたくないといったような、親の感情も反映しがちです。
また、才能がないから止めさせるのではなく、こどもが楽しめているかどうか、こどものためになっているかどうかを冷静に見てあげましょう。
心から楽しめる習い事と出会えることはとっても素敵なことです。
才能が気になる気持ちをぐっと抑えて、遠くから見守ってあげましょう。


この記事をシェアする