習い事から得るもの

あなたはこどもの時、習い事をしていましたか?
あなたがこどもの頃は、習い事で忙しくしていたクラスメイトもいたかもしれません。
現在、日本でポピュラーな習い事は、英語や英会話である語学、そしてスイミングや野球などのスポーツ系、ピアノや書道などの芸術系でしょうか。

わたしたち親世代がこどもの頃に、人気のあった習い事が、今も人気とは限りません。
社会とそれを取り巻く環境が変化していくのと同じく、習い事も時代とともに変化していくのです。
また、習い事の選択には、こどもや親の興味の矛先が大きく関わってきます。
そして、住んでいる地域や、地域の中に良い先生がいるかどうかなどの環境にも左右されます。
また、習い事を続けるにあたっては、習い事への通いやすさだったり、モチベーションやかかる費用なども大切になってきます。

習い事は、家庭の経済状況によっても、大きく左右される教育のひとつでもあります。
そして、両親が親しんだことのある分野がある場合は、どうしても関連した習い事をこどもにもさせがちですが、これもいちがいに良いとは言えません。
習い事を選ぶ際には、大人の意見や希望、価値観だけではなく、こどもひとりひとりを見て、選ぶ必要があります。
こどもの性格や興味の対象を、ある程度見極めてあげることがもちろん大切です。
さらに、こども自身のライフスタイルを考え、本来の学業や基本的な生活に負荷になりすぎない程度で、習い事をアレンジしてあげることも、こどもののびのびとした健やかな成長のためには必要となります。

習い事はどうやって決める?

習い事をするにあたって、どんな良いことがあげられるでしょうか? こどもによっては、プラスとマイナスは紙一重の場合もあります。 こどもだからこその柔軟さもありますが、逆に、自分だけではまだ決められないこともあります。 きちんとコミュニケーションをとって、こどものためになる習い事をさせてあげたいですよね。

興味や才能をのばしてあげたい

3才頃から、すでにこどもの性格はわかり始めるといいますよね。 すでに、幼少期から興味を持つものなどもひとりひとりのこどもで異なってきます。 せっかく習い事をさせてあげるなら、長く続けられ、その子にためになる、ひとりひとりに合った習い事をさせてあげたいですよね。

習い事へのサポートの仕方

みなさんが大人になり、実感した経験があるように、ひとには何事にも向き・不向きといったものが存在します。 性格によるものや能力によるものもありますが、それはこどもにとっても同じ。 こどもがまっすぐ前向きに成長できるよう、習い事も上手にサポートしてあげたいですよね。

おすすめリンク

自由にテーマを決められる類塾

お子さんが自由に学習テーマや時間帯を決められる類塾!追求型教育のメリットや注意点を公開

医学部受験の個別指導を行っている予備校

難関の医学部への合格には、自分に合った予備校が必要。個別指導を行っている予備校をご紹介!

高校留学に必要な費用はどれぐらい?

高校留学には一体どれぐらいかかるの?どこの国が安い?高校留学に関する費用情報をご説明。

中学受験におすすめの家庭教師会社

中学受験に強いおすすめ家庭教師の会社をご紹介します。体験者の口コミ情報も満載です。

信頼出来る所で英文校正を依頼したい!

自分の書きたい文章をそのまま英語に直したい!信頼のもてる会社に英文校正を依頼しよう